ページの先頭になります。

ページ内を移動するためのリンクです。

ここから本文になります。

株主・投資家の皆様へ
経営方針

IR情報開示方針

当社は、IR活動を通じて、株主・投資家の皆様に対して、公平かつタイムリーな情報開示を行い、当社の事業内容や経営戦略、経営目標等に対するより一層のご理解をいただけるよう努めてまいります。

1. ディスクロージャーの基本方針

当社では、投資判断に影響を与える決定事項、発生事実、決算に関する情報が発生した場合等の重要情報の開示について、東京証券取引所が定める上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示等に関する規則(以下「適時開示規則」といいます。)に沿って情報開示を行っております。

また、適時開示規則に該当しない情報についても、株主・投資家の皆様のご要望にお応えするため、できる限り積極的かつ公平に開示しております。

2. 情報の開示方法

適時開示規則に該当する情報については、その定めに従って、東京証券取引所への事前説明の後、同取引所の提供する「TDnet(適時開示情報伝達システム)」を通じて公開するとともに、公開後、すみやかに本ウェブサイトにも同一資料を掲載しております。

また、適時開示規則に該当しない情報についても、適時開示の趣旨を踏まえて、できるだけ正確かつ公平に、これらの情報が株主・投資家の皆様に伝達されるよう配慮しております。

3. 沈黙期間について

当社では、決算発表の準備期間において、株価に影響のある情報が漏れることを防ぐため、決算期日の翌日から決算発表日までを沈黙期間として、決算に関するコメントや質問への回答を控えております。ただし、沈黙期間中に予想を大きく外れる見込みが出てきた場合には、適宜、情報開示を行うこととしております。

4. その他

当ウェブサイト上での当社の情報の検索にあたりましては、本ディスクロージャーポリシーのみでなく、掲載しております免責条項もあわせてご参照ください。

5. IR適時開示体制

<適時開示体制概要書>
当社では、公正かつ適時・適切な会社情報の開示が行われるよう、当社グループに関する重要な財務的、社会的な事象について、取締役会、経営会議において検討を行い開示の内容、方法等について検討を行ったうえで、ニュースリリースの発表や、「金融商品取引法に基づく有価証券取引報告書等の開示書類に関する電子開示システム」、ホームページを始めとするさまざまな情報伝達手段を活用し、投資者の皆様にわかりやすい開示を行うよう努めております。

ページの終わりになります。

このページの上部へ戻ります。